治療費

【小児矯正】

料金・診断 ¥100,000〜¥300,000(税別)

※ただし、後に一般矯正の必要な場合、一般矯正の治療費より、小児矯正の治療費を引かせていただきます。


例:以前、小児矯正治療費が20万円かかった場合
60万円(一般矯正治療費)−20万円(小児矯正治療費)=40万円

ページトップ

【一般矯正】【スピード矯正】

料金・診断 ¥60,000(税別)
矯正料 ¥550,000〜¥650,000(税別)
上顎前歯部のセラミックを含む
(下顎前歯部セラミック+¥30,000(税別))
調整・管理料 ¥2,000〜¥5,000(税別)
ページトップ

【マウスピース矯正】

料金・診断 ¥60,000(税別)
矯正料 上下 ¥600,000(税別)
片顎
(上又は下のみ)
¥400,000(税別)
抜歯・複雑なケース ¥800,000(税別)
調整・管理料 ¥2,000〜¥5,000(税別)
ページトップ

【クイック矯正】

当院で扱っているクラウン(被せ物)、オールセラミック(ファイバーコア)、  ポーセレン セラミック、ポーセレン ラミネートベニア、ハイブリッドの4種類があります。  ご相談は無料ですのでお気軽にご相談下さい。

ページトップ

【オールセラミック・ファイバーコア】

オールセラミックは、自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料です。
金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあります。
ファイバーコアは根の弾性と限りなく近いしなやかさを持つため、強い応力が加わっても衝撃を吸収することができ根が割れにくくなっています。まさに、ファイバーコアは耐震性の土台といえます。

オール セラミック ¥100,000(税別)
ファイバーコアー ¥15,000(税別)
ページトップ

【ポーセレン セラミック】

セラミック製で、歯の色や形も美しく、天然の歯のように綺麗です。また、セラミック製のため経年的な変色がありません。


審美的な部分で不満があるケースの場合、審美性の高いポーセレンセラミックを導入することにより、自然な、透明感のある歯に仕上がりますので、歯ぐきの黒ずみなどの問題を解消することができます。

ポーセレン セラミック ¥80,000(税別)
ポーセレン ラミネートベニア ¥65.000(税別)
ページトップ

【ハイブリッド】

硬質レジンとセラミックの複合材料で、硬質レジンよりも色の種類も豊富で変色しにくい素材です。

ハイブリッド クラウン ¥50,000(税別)
ページトップ

【ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー) 】

スマイルデンチャーとは、「スーパーポリアミドナイロン樹脂」という素材で出来ている部分入れ歯です。
薄く、軽く、弾力のあるのが特徴です。
非常に見た目が良く、笑っても入れ歯だとほとんど分からないので笑顔に自信が持てます。

ノンクラスプデンチャー(スマイルデンチャー)  ¥70,000〜¥220,000(税別)
ページトップ

【ホワイトニング】

・ホワイトニング&歯の表面クリーニング
コーヒー・紅茶・ワイン・カレーなどの色の濃い飲食物やタバコなどを長い間取り続けると、歯の表面の汚れが目立ち、気になりませんか?
ホワイトニング&歯の表面クリーニングを行えば、歯の表面をなめらかにして明るく、白い、均等の取れた歯になります。
歯を削らずに、白く美しい歯に誰もがなれる、可能性の高い安全かつ有効な治療方法だと言えます。

ホームホワイトニング 片顎 ¥25.000(税別)
上下顎 ¥40.000(税別)
ページトップ

【医療費控除】

本人や家族の病気、ケガに支払った医療費は、税金の確定申告の際に医療費控除として所得から差し引くことができます。

計算方法

医療費控除額(最高200万円)=
1月から12月までに支払った医療費控除−保険金などで補填される額−10万円(所得の合計が200万円までの人は所得合計額の5%)

医療費控除の返金例

医療費控除は所得税の返付だけでなく、地方税も減額されます。

課税所得 医療費 所得税 住民税 税合計 返金額
¥6,000,000
¥6,000,000
¥6,000,000
0
¥1,000,000
¥2,000,000
¥870,000
¥670,000
¥470,000
¥500,000
¥400,000
¥300,000
¥1,370,000
¥1,070,000
¥770,000
-
¥300,000
¥600,000
¥8,000,000
¥8,000,000
¥8,000,000
0
¥1,000,000
¥2,000,000
¥1,270,000
¥1,070,000
¥870,000
¥730,000
¥600,000
¥500,000
¥2,000,000
¥1,670,000
¥1,370,000
-
¥330,000
¥630,000
¥10,000,000
¥10,000,000
¥10,000,000
0
¥1,000,000
¥2,000,000
¥1,770,000
¥1,470,000
¥1,270,000
¥990,000
¥860,000
¥730,000
¥2,760,000
¥2,330,000
¥2,000,000
-
¥430,000
¥760,000
¥20,000,000
¥20,000,000
¥20,000,000
0
¥1,000,000
¥2,000,000
¥4,910,000
¥4,540,000
¥4,170,000
¥2,290,000
¥2,160,000
¥2,030,000
¥7,200,000
¥6,700,000
¥6,200,000
-
¥500,000
¥1,000,000

医療費控除として認められないもの

1. 健康組合、保険金などから補填された金額は、支払った医療費の額から差し引くこと。
2. 人間ドックの費用は、医療費控除に該当しない。ただ、治療を要する病気が発見された場合は控除対象となる。
3. 数年分の医療費をまとめて申告することはできない。1年間に支払った分だけが控除対象となり、未払い分は控除できない。
4. 医師などへの謝礼は、控除対象外となる。
5. 通常の個室の差額ベット代は控除対象外となるが、特別室の差額ベット代は適用されない。
6. 健康食品の購入費用は対象外。
7. カイロプラクティックの費用は認められない。
8. 通院のための自家用車のガソリン代や駐車場料金は認められない。
9. 容姿の美化など、美容を目的で行った整形美容手術の費用は、原則として控除対象外となる。

ページトップ
Copyright(C) osaka-shiretsukyousei. All Rights Reserved